スマレジ・シミズBlog

モバイルPOSシステム「スマレジ」飲食向けOES「Waiter」のTIPS/裏技情報を営業チーム持ち回りで書いていました。
しかし、いまはとなっては大阪本社で働いているスマレジ・シミズが勝手に書いている非公式サイトです。

タグ:iPadレジ

親戚の家にホームステイしているタイ人留学生が「オレノ夏ハ終ワラネェ。オレノ夏ガ終ワレネェ。」とつぶやきながら、野球のバットを懸命にスイングしている夢を見ました。
若いっていいなぁ、ひたむきにがんばる姿って美しいよなぁ、甲子園を目指して努力を続けてほしいなぁ、と思いながら目覚めました。
努力したからといって、必ず夢が叶うものではありません。しかし、彼がした努力は必ず何らかの形で報われることでしょう!英語で言うところのHard work pays off.”ですよ。

まぁ、彼は野球をしたこともなければスポーツ全般が嫌いらしいので、甲子園も目指してませんし、野球のバットもスイングしません。あと、彼の夏もぼくたちと同じくとっくに終わって、今は初めて体験する日本の冬に戦々恐々としています。大阪でも雪とか降る時ありますしね。日本の冬は寒いぞ〜。

☆☆☆☆☆
さて、そういったわけで、先日スマレジ福岡ショールムに「POSを比較するならレジチョイス」のキャッチコピーでおなじみのPOSレジ比較サイトレジチョイスさんが来られました。


レジチョイスさんというメディアは創刊されてまだそんなに日が経っていない
ちなみに、どれくらいの期間運営されているのか、公式に記載している記事とか見かけなかったので、あえてここでは言いませんが、まだすごく新しいです。にも関わらず驚異的なPV数(PV数はお聞きしたのですが、単純に忘れてしまいました・・・) 。
短期間でどのようにしてPV数を上げたのでしょうね?ちなみにどこかに広告を出稿したり、とかは一切行ってないらしいです。決めていたことは、毎日必ず1本記事をUPすること。そりゃもう必ず。
あと、記事の作成は必ず自分たちで書き、外部委託しないこと。らしいです。それゆえ、自分たちが思うように好きにできたそうです。


今後はもっといろんなレジメーカーの記事を掲載したい
今は、わりと決まったメーカーの記事が多いそうですが、地元に根ざした会社や、ある業界に特化したタブレットPOSなんかもありますし、そういったとこもカバーしていきたいそうです。
クリーニング店てお客さんから預かった服の管理も行わないといけなく、従来のPOSレジだと対応できず専門POSを使用する必要があるのですが、クリーニング店専用のiPad POSなんかもあったりするのですが、まだまだ知らない人も多いですしね。より多くの人に存在を知ってもらうことで、利便性高まりますよね。


今後は、レジの相談コンシェルジュに注目だ
レジチョイスさんのウェブサイト上に、コンシェルジュへの相談フォームが設置されています。
メーカーに直接連絡すると「営業されそうでイヤだ」という方も多く、フラットな視点でどこのメーカーのレジが適しているかの相談に乗っているそうです。


結構、はにかんでます
最後に「思いっきりかわいい顔を撮らせてください」とお願いして撮影しました。
Honey Come


--------------------------------------
http://smaregi.jp/
レジのご用命はスマレジへ!  
    このエントリーをはてなブックマークに追加

イタリアの国旗を横に倒すとハンガリーの国旗になり、あとブルガリアの国旗の一番下の赤を一番上に移動してもハンガリー。


イタリアで
イタリアならび


これがブルガリア
ブルガリアならび


で、ハンガリー
ハンガリーならび


小麦の生産量は世界29位で
キャベツの生産量は世界65位
そして、国宝に認定された「マンガリッツァ豚」を擁し
中華食材屋さんに行けば山芋と醤油もあり
鰹節とかお好み焼き用のソースはあるかないか分からないので持ち込みましょう

農畜が盛んな国ハンガリー。

そのハンガリーでもお好み焼きが作れるわけですね。

そういったわけで今回は、三連休の初日に社内のブロガーが集まって、お好み焼きを食べてきました。あと、焼肉とつけ鴨うどんも。


まずは豚玉。
焼いてしまうと、写真ではこれが豚玉なのかそれとも別玉なのか分かりませんね。
ちなみに、ハンガリーは陸の国境に囲まれ、海に面しておらず内陸国なので、エビとかイカとかシーフードが入ったお好み焼きは諦めた方がよさそうです。
湯気すごい


あとアベノミックス焼き
2013年に日本の安倍晋三首相はハンガリーのオルバーン・ヴィクトル首相とポーランドで会談してます。
アベノミックス


その他、いろいろたくさん食べて、間髪入れずに焼肉屋さんに移動。
かつては遊牧民的な生活を送っていたというマジャル人(※ハンガリーで最も人口の多い民族)にとって、家畜は重要であり、肉は今でもたくさん食べるそうです(ヒアリングしたサンプル1人)。
肉でオジャル


日本で最も流通量の多い鴨は、繊細な味で甘味を感じるチェリバレー種っていう種類です。ハンガリーではそのチェリバレー種の飼育が盛んであり、日本でもハンガリー産がたくさん流通しているようです。

さて、ブロガーミーティングの最後の締めは、つけ鴨うどん。
このお店がどの種類の鴨かまでは分かりませんでしたが、調べてみると遠く感じる国の物がかなりの量でぼくたちの生活に入っきてることが分かりますよね。
最後の締めの更に締めとしてつけ汁にごはんを投入したのですが、お米と言えばハンガリーでもお米を食べることはあるみたい。
スーパーマーケットでアメリカ産のコシヒカリも販売してるようですが、ジャポニカ米よりもインディカ米の方が一般的とのこと。


かっこいい看板
かっこいい看板


かっこいいファサード
かっこいいファサード


以下、今回のブロガーミーティングでおじゃましたお店の詳細です。

お好み焼き
・店名: なにわのお好み焼き じろー
・住所: 大阪市淀川区東三国2-32-14 モンテ新大阪1F
・最寄り駅: 大阪市営地下鉄御堂筋線東三国駅
・URL: http://tabelog.com/osaka/A2701/A270301/27005361/
・感想: ぼくはとん平焼きが好きです

焼肉
・店名: 請来軒(ちんらいけん)
・住所: 大阪市淀川区十三本町1-14-20 2F(でも、移転するので住所はかわります)
・最寄り駅: 阪急電鉄十三駅
・URL: http://www.chinraiken.net/
・感想:  ここは中華式の焼肉なので、ナムルとかピビンバとか冷麺とか韓式のメニューはないのでご注意ですよ。お肉ぜんぶおいしいです。

つけ鴨うどん
・店名: 鴨錦 十三店
・住所: 大阪市淀川区十三本町1-4-22 1F
・最寄り駅: 阪急電鉄十三駅
・URL: http://www.kamokin.jp/
・感想: お好み焼きと焼肉食べたあとでもズルズル入ります。
 
 
あと今回のハンガリー情報は、親戚の家に滞在してるハンガリー人からのものでした。


--------------------------------------
http://smaregi.jp/
レジのご用命はスマレジへ! 
    このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さん、お疲れ様です!
スマレジ小川です。


今日は、花金「ハナキン」でしたね!

花金といえば、飲食店!

飲食店といえば、スマレジ!

はいw!


今日も元気にブログを更新していきます。


今日は、テーマ通り、スマレジの販売画面についてです。

まずはこちら
スマレジの販売画面はこんな感じです。


販売画面




実は、スマレジの販売画面には、☆マークがあります。
上の図の赤枠で囲っている部分です。

通称、「お気に入り」という機能です。


一言で言うと、人気商品だけを一覧で出すことができるんです。


この☆をポチッと押すとこんな感じです。

IMG_0475


あら綺麗!

商品名

写真

価格



が表示されて見やすいw


これなら、目が悪いおばあちゃんでも大丈夫!!


実際、おばあちゃんがスマレジ使ってる事例もあるんですyo!


一つ、ポチッと商品を選択するとこんな感じで商品がカートインされます。


IMG_0477




どうでしょう?

皆さん!


これがあれば、写真を直観的に、商品を選択するだけ!


メニューが多かったり、小さな字が苦手って方でもこの機能を使えば、
スムーズに使うことができます。


せっかくなので、この機能の設定の仕方も書いておきますね。


登録は、管理画面からになります。

管理画面を開けて、赤枠の「商品」⇒赤枠の「お気に入り商品(アイコン)」へ

商品一覧   スマレジ



これを開けると、この画面になります。


商品アイコン管理   スマレジ



手順は、右で商品選んで、左にドラッグ(移動)するだけ!!


①右側赤枠で、お気に入り登録したい商品を検索

②①で出した商品を左の丸で囲まれたスペースへドラッグします。

③一つ、一つはめこんでいきます!

④写真の上に「表示」「非表示」と選択できるので、
「表示」を選択して、↑図の様にします!


※この時、商品一つ一つには画像を登録しておかなければなりませんが、
お店のスタッフ皆でやれば簡単です!


さあ、これで、人気商品をお気に入りに登録しましょう!!

最後に、もう1回、お気に入りの販売画面をどうぞ!


IMG_0478




以上でございます!














    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ