スマレジ・シミズBlog

モバイルPOSシステム「スマレジ」飲食向けOES「Waiter」のTIPS/裏技情報を営業チーム持ち回りで書いていました。
しかし、いまはとなっては大阪本社で働いているスマレジ・シミズが勝手に書いている非公式サイトです。

タグ:在庫管理

世に数々存在するうどん回文(※)の中で、ぼくが最も影響を受けた名文は「わしか?特に肉とかしわ(わしかとくににくとかしわ)」です。
うどん屋の雑多な雰囲気の中で常連さんが自分の好みのうどんの具を述べるあたたかな姿が目に浮かび、とても情緒豊かな作品といえるでしょう。シミズです。

うどん屋で起こりうるシチュエーションを想定した作品を指す回文のジャンルの一種です。


昨日、スマレジ東京ショールームにおきまして、スキルアップセミナーが開催されました。
シミズの昨日はというと、ずっと大阪にいましたので、まったく参加していないのですが「きっとこんなことをしたのであろうなぁ」とか「こんなこと話したいなぁ」という予測や希望を基にオフィシャルブログ先駆け、事実とは無関係にいち早くレポートをお届けします。
それでは今日もはりきっていきましょう。

1.スマレジ基本機能の紹介
まずは基本機能のごしょうかいです
毎日スマレジを使っていても、
全部の機能を把握することはなかなかできません(なんといっても毎月アップデートを重ね、どんどん機能が追加されていますしね)。

「スマレジではこんなことが出来ますよ」
ということを整理してお伝えするだけでも「このためだけでも今日来てよかったよ。ありがとう。」というお声を多数いただき、セミナー後「開催してよかったね」とスタッフ同士で言い合う姿が見受けられると、とてもうれしいです。
具体的なところで挙げてみますと、バンドル販売です。300円の靴下を4足購入した場合は通常1,200円ですが、それを自動で1,000円にします、といったような機能です。

小物を扱っていらっしゃる店舗様ではよく行う販売手法なのですが
意外にもスマレジにこの機能が備わっていることをご存知ない方も多く「そんな便利な機能があったのか…これまで行っていた煩雑なオペレーションはなんだったのか…」と絶句する参加者も見受けられました。想像ですけど。


2.スマレジ導入事例のご紹介
では事例をご説明しましょう
この話を聞きたくお申し込みされた方も多かったようです。
何事も他人がどうやってるのか、他社がとのように運営しているのか、気になるとこですよね。隣の芝は青いものです。
自分一人のみ、または少人数だけだと合っているのか間違っているのか分からず不安になったりするものですよね。

それにいろんな人のやり方を見ることはとても勉強になり貴方の仕
事人生に多大なるメリットをもたらすことでしょう。大阪本社にてプログラマを募集しています。


3.便利な機能あれこれ
顧客管理いってみましょうか
そういえばこのブログでも顧客管理について述べることは少なかったように記憶しています。
そんな中、昨日はタイミングよく顧客管理機能についての質問が集中していた(のではないでしょうか)。

お店で行いたいことって、顧客管理においても商品と同じで「どの方(顧客)がアクティブなんだろう」ですよね。アクティブな方にはアクティブな方用のそうでない方にはそうでないアプローチを行う必要があります。
たとえば、多くのお店が毎年決まった時期にセールを行ったり、福袋の販売を行っているかと思いますが、昨日お越しいただいた方の中でも「セールや福袋はすごく売上が上がるんですけど、ただその期間の前後の売上が厳しくて…」なんて、お声が挙がってきていました。ですよね?

そんな場合でもスマレジでは、会員検索を行う際に、取引額や最終来店日、生年月日やお住まいなんかで検出を行うことができますので、セールを一般公開せずとも、必要な時期に必要な方だけにセールをご案内するなんてことも可能です(別途、クーポン付きのDMなんかをご用意ください)。
例えば「これまで10万円以上ウチのお店で使っていただいている上顧客さまにも関わらず、3ヶ月ご来店いただいてなくて離脱しかけてて危険」な顧客リストを抽出させることができます。
「年間通して異なる属性の客層の方々にアプローチすることで、セール前後の売上低調期を作らないようにされてるお店さんも多いですよ」なんてお話もさせていただかのような気がします。


スキルアップセミナーいいですよね。大阪でも開催したいです。

本日の内容はすべてシミズの想像ですので、実際のレポートはオフィシャルブログに近日中にポストされますので、そちらもご覧ください。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんバレンタインデーには何個チョコをもらいましたか?そして、あげましたか?
ホワイトデーのお返しの基本が倍返しであるならば、それオレ破産しちゃうよ…
一度は言ってみたいですね。シミズです。

もらったチョコの数の管理はさておき、スマレジでは使い方によっては、メーカーや取引先からどれだけ仕入れて、どれだけ売ったかってのを一目瞭然に確認するテクニックが隠されています。
 
「リテールビジネス」をご契約のお客様のみ使用できる機能なのですが、「在庫履歴集計」を利用します。 
下記の様に、調べたい期間を入力して検索すると全商品の売上金額や仕入金額が一目瞭然!
ホワイトデーのお返しって

ただ、このままではあくまでも全商品の金額ですよね?
そこで、検索オプションを押していただき、グループコード記入欄に事前に設定した値を入力してください(メーカー名や取引先名をグループコードにすると分かり易いですよ)。
正味のところ、最近の相場って
 
尚、グループコードにつきましては以前の記事をご確認ください。
そうしますと、さきほど入力したメーカーや取引先の指定期間での売上や仕入金額が確認できます!
どんなもんでしょうか?
 

メーカー、取引先別の消化率を確認したい場合などにも使えますので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。
    このエントリーをはてなブックマークに追加

新年明けましておめでとうございます!!

今年も「スマレジスタッフBlog」を宜しくお願い致します!


さて、新年1発目ですね!

大阪営業の小川です。


唐突ですが、
小売業界の皆様、こんにちは!!

今日のテーマは、「棚卸/たなおろし」です!

棚卸って大変ですよね?

実は、私は前職、アパレルメーカーで勤めていました。

いつも決算月には、社内全員で、商品の数を数えてました。

棚卸の日は、腰が痛かったです汗・・・!

なんでかっていうと・・・

①商品を1点、1点、確認(検品)して、

②数量を紙に記入して、

③パソコンで入力する。


っていう超アナログな作業をしていました。

これが、また、商品数が多いこと・・・汗

こんな作業は、もう非効率で時間が掛かります。
特に②③はミスが発生しやすいです。 



そうです!
棚卸には、時間と手間が掛かるんです。



そこで!!



 
タブレットPOSの雄、「スマレジ」には、棚卸の機能が付いてるんです!!

 
これがまた、便利で分かりやすいんです!



少しだけ、お見せしますね!!
 
スマレジで棚卸を実施するには、管理画面にログインして、「棚卸の準備」をする必要があります。 


①まずは、スマレジ管理画面を開き、右上部の赤枠、在庫を選択します。
次に赤枠、棚卸→棚卸準備を選択すると、こちらの画面が表示されます。

8ea6f292






②引き続き、管理画面上で対象年月、棚卸店舗、を入力します。
分割単位は、部門を選択し、該当の部門を選択し、赤枠、登録するを選択します。

棚卸準備   スマレジ 在庫管理




③次は、iPad・iPodのスマレジ、アプリ画面で赤枠、在庫を選択して

1




④赤枠、棚卸リストを選択すると、管理画面で登録したリストが出てきます!
ちなみに、ここまでの作業時間①~④まで1分くらい。


3





検品するリスト(部門)を選択して、バーコードリーダーで商品のバーコードをよんでいきます!
  • こんな感じで!ピピッと!!

  • バーコードリーダーは、神ですかw!


     
    2



    ⑥アプリ上の画面に商品コードが表示され、データを送信!!

⑦送信されたデータを管理画面で確認して、「棚卸実施」タブを選択すると、棚卸完了です。
詳しく書きすぎると、長くなるので、使い方の詳細は、こちらをご覧ください。



ちなみに、管理画面はこんな感じです。
在庫金額、在庫数、棚卸数(現品の実数)まで一目でわかります。

10




今の店舗の棚卸と比べて、どうでしょうか?

実際に、手作業(紙ベース)の棚卸から、バーコードリーダーでの棚卸に変更することで、棚卸時間はかなり短縮されます。

社長!!
 
スマレジがあれば、集計も差異も、一瞬でデータを
確認できます!!

 

スマレジのサポートサイトでも、この棚卸機能を詳しく紹介しています。
管理画面の「棚卸の準備」から→ スマレジで棚卸をする



はい!


こんな感じで、今年もスマレジの便利な機能紹介をやっていきます!



宜しくお願いします!











 

    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ