スマレジ・シミズBlog

モバイルPOSシステム「スマレジ」飲食向けOES「Waiter」のTIPS/裏技情報を営業チーム持ち回りで書いていました。
しかし、いまはとなっては大阪本社で働いているスマレジ・シミズが勝手に書いている非公式サイトです。

タグ:レジ

フィンランドと言えばくまさん
すごく遠いイメージを持ちがちですが、実はフィンランドて日本から最も近いヨーロッパの国なんですよね(そう言えば、隣の隣の国ですよね。隣の国がだだっ広いけど)。
そんな実は近い国の流通小売業てどの様なものでしょうか?何か日本と違いはあるのでしょうか?
7年前から1年間フィンランドの首都ヘルシンキに住んだ経験のある家族にいろいろ聞いてみました。
(※2009〜2010年当時の情報です)


スーパーマーケットの青果売場はほぼ量り売り
お客さん自身が店内の専用機に果物や野菜を乗せます。重量に応じたバーコード付きのシールが印刷されるので、商品に貼ってレジに持っていくという仕組みになっています。
必要分だけ購入できるので、少量だけ欲しい場合に都合が良いですね。家庭での食材のロスは出難いですが、スーパーマーケット側のロスは日本よりも多そうです。
それでも「少量だけ購入したい!」というこれまで掘り起こせなかった需要に応えることでの売上増も見込めるので、日本のスーパーマーケットでもぜひ試算、検討して欲しいとこですね。


商店の多くが18時前後に閉店し、日曜日や祝日も休み
大型店舗は夜遅くまでや日曜日も開店する傾向にある様ですが、それでも日曜日は昼からの開店や、18時前後には閉店するという様に短縮営業が通常です。
ワークライフバランスを重視してる国ですので、仕事を早く切り上げるのであれば18時に閉店しても問題ないのでしょうし、店舗で働くスタッフも同様に早くお家に帰りたいですしね。


スーパーマーケットのレジがベルトコンベア式
お客さんはレジに向かった際に、カゴから商品を出しベルトコンベアに乗せます。ベルトコンベアで流れてくる商品をレジスタッフが手に取りバーコードをスキャンし、ベルトコンベアに戻し流していきます。
お会計終了後、ベルトコンベアの端に溜まった商品をお客さんが自身の袋に詰めてお買い物が終了。ただ、後からお会計したお客さんの商品もベルトコンベアでどんどん流れてくるので混在してしまうのでは?と思ってしまいますが、ベルトコンベア横にプラスチックの棒が設置されており、それを置くことで後からのお客さんとの境界線が作ることが出来る様です。
さて、日本のスーパーマーケットの場合では、以下がお客さんを捌く上でのボトルネックになっていると感じるので、このベルトコンベア式だとそこが解消されそうですね。

1.お客さんが持ってきたカゴからバーコードをスキャンして別のカゴに移し替える作業
お米とか瓶とか重い商品があると、それなりの時間を要しますし、そもそも重量の軽い商品でも、スーパーマーケットの様に大量に購入するお客さんを想定したお店のレジで一つ一つの商品を持ち上げてスキャンして別のカゴに入れる作業って大変です。

2.お会計終了後、お客さん自身の手で商品カゴ作業台への移動する作業
お会計終了後にお釣りやレシートを財布に入れ、更に財布をカバン等に入れ、その上でたくさん商品が入った重いカゴを別の作業台まで持って行くという作業を後からお客さんが来る中、焦った気持ちで行わなければなりません。
結構ここで詰まる場合が多いんですよね。


空き缶/空き瓶/ペットボトルのリサイクルで小銭を換金
多くのスーパーマーケットでは出入口に空き缶回収機が設置されており、空き缶等を投入すると日本円にして1本につき数十円程度が返ってきます。
この方法だとゴミ収集に比べ回収率も良さそうですし、子どもたちは空き缶や空き瓶を集めてお小遣い稼ぎをするので、街の美化にも効果がありそうです。


ということで、もう夕方なのでタイムセール狙いで近所のスーパーマーケットに行ってきます。


 --------------------------------------
http://smaregi.jp/
レジのご用命はスマレジへ!
    このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは、黒崎です。

昨年の10月に日本の免税店制度が変わってからというもの
免税という言葉がすっかりお馴染みになりました今日この頃。

百貨店などでは免税専用のカウンターが出来るなど、
このビッグウェーブに乗らんと皆さま躍起になっているかと思います。 

でも!
免税で喜ぶのは海外からの観光客ばかりで
現場のスタッフからすれば手間ばかりかかってしょーもないモンです。 

お会計が免税範囲の金額に収まっているかを確認したり、 
パスポートを確認したり、購入記録表を書いたり、署名を貰ったり…

そんなことしてる間に行列ができちゃったりして…
ああもう大変。

でもでも!
スマレジを使えば(それなりに)免税販売が楽になります!(それなりに)
免税店運営___iPhone、iPad_POSレジ_スマレジ
▲特集ページも組んで、結構本気で対応してます。

【今のスマレジで出来ること】

・免税額の自動計算
・購入記録表の出力
・購入者契約書の出力
・物品リストの出力
取引ID:17007___スマレジ
しかもしかも!
スマレジではサポートページで免税販売のマニュアルまで載せています。

なんと親切。
ここまで来ればもはやWhy don't you 免税販売?ですね。

こまったら笑顔でエクスキューズミー!
皆さまもスマレジを使って素敵な免税ライフをお過ごしください!

ではまた〜。 
    このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さん、お疲れ様です!

 

大阪の小川です!

 

今日もハナキンdays!!  元気にblogを更新していきます!

 

早速ですが、今日のテーマはスマレジの「ポイント管理機能」について書いていきます!

ポイント管理は、顧客の「囲いこみ」、店舗経営には、非常に大切な要素ですよね。

じゃあスマレジでは、どんな風にポイントの設定をできるのか??


スマレジ管理画面上でルールを設定できます。



まずは、管理画面にログイン後→店舗から


店舗




店舗が一覧で表示されますので、ポイントルールを設定する店舗を選択します。

そして、店舗情報の中に、「ポイント条件」という項目があります。

例えば、お客さんが500円購入した毎に1ポイントつけるといった具合です!
 
実際の設定画面はコチラ

ポイント

上から順に、


①ポイントを使用する、しないの設定

②ポイント付与の設定

③利用ポイントの設定

④ポイントの失効期限

⑤付与ポイントを計算するときに対象となる金額の設定



また、これ以外にプラス@でこんな設定もできます!


⑥顧客ごとにポイントの付与率を変えたい

例えば、年間10万円を使っていただくお客さん(Aクラス)と、

初めて来店頂いたお客さん(Bクラス)

お店からすると、AクラスとBクラス、ランク毎にのポイントの付与率も変えたい場合ってありますよね?そんなケースにも対応できるんです!

こりゃ便利ですね!!


⑦特定のお客さんにだけ、ポイントの付与率を変える。



⑧毎月25日だけ、ポイントの付与率を変えたい。

そんな時は、販売画面上で、ポイント加算、減算をできる機能もあります!


はい、今日は、ポイント管理の機能を紹介しました!


個人的には、ぼくは、ポイントを沢山ためたお客さん(優良顧客さん)には、

インパクトのある優遇(サービス)をしてほしいですよね!!

    このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんこんにちは、はまべです。


寒いですね〜!こんな日は外に一歩も出たくないですね。
今日はそんな寒さもふっとばす、スマレジの便利機能を紹介します。


スマレジの管理画面(クラウド側の画面)には”取引履歴”というメニューがあります。
これはその名の通り、レジのお会計の情報がすべて保存されている場所になります。


これがその”取引履歴一覧”という画面です。
Unknown-2




このページには「検索オプション」というボタンがあり、ここから様々な条件で検索をかけることができます。
Unknown-3




たとえば、閉店業務の際に「ギフト券の売上が合わない・・・」などの時に”支払い方法”で「ギフト券」を選んで「この条件で検索する」ボタンを押すと・・!!
取引履歴一覧___スマレジ 2




支払い方法で、「ギフト券」を使った取引のみを抽出できるんですっ!
取引履歴一覧___スマレジ 3




どうです?便利ですよね?

この機能とCSVダウンロードの機能を使って、ちょっと関数なんかを使っちゃうと「クレジット支払いのカードブランドごとの売上」も簡単にわかっちゃうんです!!


次の記事では、その辺りをご紹介しますね。乞うご期待


    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ