スマレジ・シミズBlog

モバイルPOSシステム「スマレジ」飲食向けOES「Waiter」のTIPS/裏技情報を営業チーム持ち回りで書いていました。
しかし、いまはとなっては大阪本社で働いているスマレジ・シミズが勝手に書いている非公式サイトです。

タグ:セミナー

おしゃべりしてばかりの最近ですが、今度は福岡は天神駅近くの福岡市スタートアップカフェにておしゃべりしてきました。
IMG_2057
 ちなみにこの福岡市スタートアップカフェの注意点は飲み物の持込みがスターバックスコーヒーで購入した商品に限るということです。
近所のスーパーマーケットでまとめ買いした缶コーヒーとか、自宅で作ったお茶を入れた使い回しのペットボトルの持込みは出来ませんからね。注意してくださいね。
とは言うものの同じ建物内(TSUTAYA BOOK STORE TENJIN)にスターバックスコーヒーが併設されているので、雨の日とかにわざわざ傘をさして飲み物を買いに走る必要はないので、ご安心ください。

さて、そういったわけでこの日はクラウド会計の雄freeeさんとご一緒しました。
IMG_2061
freeeさんがキリリとお話されてます。

この日に印象に残ったのはセミナー後にお聞きしたfreeeさんのマーケティング、営業への取り組みでした。
お聞きした内容は、インターネットで「freee マーケティング」とか「freee インサイドセールス」とかで検索すると取材記事やインタビュー記事がたくさん出てくるんですけど、内容が濃く豊富でマジ価値あるなぁと感じた次第です。



-------------------------------------
http://smaregi.jp/
レジのご用命はスマレジへ!   
    このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、山口県は湯田温泉という温泉街に程近くにある西中国信用金庫 山口支店にて開催された【創業応援セミナー】という山口市、西中国信用金庫、日本政策金融公庫山口支店主催のセミナーにて登壇してきました。

ちなみに湯田温泉は「湯田温泉 女将」で検索すると結構出てくるのですが、名物女将がいるみたいで一言で言うとカオスです。
すごく行ってみたかったんですけど、 お仕事で来てるので横目でスルーしつつ会場入りしました。

なんか記者会見みたいで興奮します。
IMG_2048


基調講演は創業手帳を運営するビズシード株式会社の大久保社長。
IMG_2049
とても分かり易くウィットに富んだ内容はぼくの緊張を高めるのに充分な破壊力がありました。すごい方と自分を比較してもしょうがないんですけどね。

ふつうにサラリーマンをしてると“創業手帳”ってなに?って方も多いかと思いますが、一言で言うと“創業者のための母子手帳”です。
とにかく日本全国創業したら必ず無料で届くビジネス情報雑誌で、毎月15,000部発行されています。

いま日本では毎月10,000社が創業されているそうですが、1年で3割以上が廃業しているらしいです(厳しいですね)。ということで、創業された方に企業の母子手帳として、企業を運営していくにあたっての情報を紙面、Web、イベント等で発信しておられ、その辺りのお話や北米の読書をターゲットして発刊している『Founders guide』の展開と盛りだくさんな内容でした。


つづいてはぼくですが、主にスマレジの現状や特に(以下、割愛)、持ち時間は30分でした。
☆☆☆☆☆☆


ここからは山口から世界に羽ばたいている起業家の方々のトークセッションと続きます。

1本が9万円ほどの価格を付けた純米大吟醸酒「夢雀(むじゃく) 」のドバイや香港での販売展開を行う株式会社ARCHISの松浦奈津子代表取締役社長。
IMG_2051


そして、数百年生きたアカマツを薄く削って作ったランプブランド「KOBOREBI」を展開する木工作家の竹部徳真さん。
IMG_2053


ちなみに、山口県山口市の秋穂は車えび養殖発祥の地らしく、これは食べねば一日が終わりませんね、ということで料理が勝手に自分の前に運ばれてくるモダンなお寿司屋さんで食べて帰りました。合掌。


-------------------------------------
http://smaregi.jp/
レジのご用命はスマレジへ!   
    このエントリーをはてなブックマークに追加

先週の日曜ですが、お誘いと言うかご推薦と言うか、ツテを辿って何とかお願いして関西学院大学経営戦略研究科 玉田俊平太教授を代表とするイノベーション研究会に初めて参加してきました。

当日は、エフェクチュエーション(Effectuation)という思考様式に基づく起業家研究がテーマでした。ちなみにエフェクチュエーション(Effectuation)とは、まだまだ新しい研究で「何が起業家を起業家たらしめるのか」といった内容で理論化しにくかったとこですが、パターンを抽出して、現在社会実験中。

書籍に関しては、この研究の提唱者サラス・サラスパシーによる下記が基本のようですが、定価6,264円と少しお高めです。

中古を探したんですけど、中古は定価の6,264円からで、一番高額だと13,070円とかもあります。新品が入手可能にも関わらず、中古の方が高額です。
不思議ですね。プレミアが付くような本でもないと思いますが、初版が売り切れた時とかに中古をこういった価格で出品したのでしょうか。不思議に思い、いろいろと調べてみたのですが憶測も多いですし、自分が注意すればいいことなので、新品を購入まずは図書館で探してみたいと思います。

あとは、コーゼーションとエフェクチュエーションの違いなんかの話もありました。
コーゼーションは探索と選択であり「機会は発見されるもの」で、エフェクチュエーションは創造と変更であり「機会は創出されるもの」。

何しろ新しい研究分野ってわくわくしますね。 
今後、もっと深く学んでみたいな、って思います。


-------------------------------------
http://smaregi.jp/
レジのご用命はスマレジへ!    
    このエントリーをはてなブックマークに追加

一週間はいったいいつから始まるか?
知識としては「どうやら日曜日から始まるらしい」とは知っていますが、多くの人にとって違和感がないのは月曜日ですよね。
でも、それって万人が認めるルールは特になく、傾向として日本やアメリカのカレンダーは日曜日から始まるものが多く(多くということは、少なからず他の曜日から始まるカレンダーも存在するってことでしょうね)、フランスとかでは月曜日から始まったり、イスラム圏では金曜日が公休日なので土曜日から始まるカレンダーが多いとのことです。

ちなみにISO 8601では、月曜日が週の始まりとされてるようなので、物知りな人が「実は週の始まりは日曜日なんやで」 説を正しいものとして唱えるのはここからきているのでしょうね。

さて、そういったわけで本日は日曜日ですので、ISO 8601によれば既に先週の事柄ですが、二回セミナーを開催しました。

二回のうちの一回は、前回のエントリーで開催案内をしたので、割愛するとして二回目は、2月23日14時よりスマレジ取次店様の主催で開催しました。
内容としてはザックリ下記な感じです。


0)「今あるレジは今後もそのまま使える?」診断
1)軽減税率って何?
 ・持ち帰り8%、お召し上がり10%
2)どんな商品を扱っている事業者が対象なの?
 ・飲食料品を取り扱う事業者、とは
3)軽減税率対応、私はするべきなの?しなくていの?
4)軽減税率対応、何をすべきなの?
 ・レジ会計ができなくなるかも?
 ・10倍面倒?になる消費税計算について
5)軽減税率対応のレジを知ろう!
 ・タブレットレジの紹介
 ・業務を改善できる便利なポイント
 ・集計不要・リアルタイム売上分析
 ・利益を出すためのレジ設定とは
6)実際にレジを触ってみよう
 ・当日2種類のレジをもっていきます。
7)導入代行支援サービス「レジOne」のご案内(※スマレジ取次店様のサービスです)
8)質疑応答 



セミナー等のご要望ございましたら、まずはご連絡くださいね。


-------------------------------------
http://smaregi.jp/
レジのご用命はスマレジへ!   
    このエントリーをはてなブックマークに追加

卒論って懐かしい響きです。
大学4回生の方々はそろそろ追い込みの時期に差し掛かり、3回生はテーマを絞り始める時期でしょうか。

先日、よく行くオステリアで、社会学専攻の学生アルバイトのスタッフさんが今まさに卒論のテーマを絞り始めてて、変態史についての研究をまとめようと思っている、との話を聞きました。

世の中いろんな人がいるものですね。
変態さんの歴史を学び、日夜研究している若者がいるなんて思いもつきませんでした。世の中捨てたものではありません。


★★★★★★★★★
あまりにも話が興味深かったので、今回はその研究に便乗して、シミズも変態史についてどの様にまとめていくかを考えてみました。
それでは今日もはりきっていきましょう。 


1.対象時期と地域の決定
まずは変態史の調査対象時期です。有史以来とかでもいいんですけど、あまりにも広すぎますし、確かスタッフさんは正確には「現代社会学(だったかな?)」専攻であったように記憶していますので、対象時期は現代としましょう。
ただ、現代って「現在の時代」なので、もしかしたら変態さんに変化があまり起こってないかもしれませんし、やっぱり比較の対象って必要です。
そういったわけで、対象時期は近代〜現代。19世紀から現在までと定めます。

さて、続いて地域ですが、まずは日本は入れときたいですね。自分たちが住んでる場所なので情報も集め易いはずです。
そして、対象地域においても対象時期と同様に比較の対象が欲しいところですね。
多種多様な変態さんが多そうな地域ってどこでしょうか…。

やはり悠久の歴史を擁する中華圏は外せないですね。かつての冊封国も併せて調べましょう。
その他、あともう1エリア加えたいところです。

果たしてどこが良いか…。

中南米や中近東もなかなか良さそうですが、日本語もしくはせめて英語に翻訳された資料がどこまで揃うのかを考慮すると、少々難しいかもしれません。
そこで、資料の集め易さを条件にすると、ヨーロッパが浮かんできます。どこかの国を特定せず、まずはヨーロッパと広く定めたいと思います。
調べていくうちに絞り込んでいくのもまた楽しいですね。


2.マトリクス図を作って種類を分けよう
きっと変態さんにもいろんな種類があるはずです。どの時期にどの地域で、どんな変態さんが多かったのか、その衰亡史を調べていくためには、まずは変態さんの傾向を知る必要があります。
マトリクス図を作り、変態さんを分類していきましょう。


3.スイムレーンチャートの作成
さて、ここではスイムレーンチャートを作成し、変態さんの衰亡史と当時の世相を比較していきます。
比較する世相ですが、やはりここは勤め人らしく経済史としましょう。

スイムレーンチャートは横軸は時間の推移、縦軸は各エリアでその当時隆盛を誇った変態種別と各エリアの経済的なトピックスです。
これ普段の業務を洗い出す際と同じ作業ですね。まずは部署や担当者さん毎に、時系列に業務を追っていく。
まさかこんなところで普段の仕事が役に立つなんて思ってもみませんでした。

この際の変態種別と経済トピックスは、分類毎に色分けするとよいでしょう。どの時代に、どの色の組み合わせが多いかが見えてくるはずです。
あとはこの結果をレポートとしてまとめると卒論の出来上がりです。
ただ、社会学にはフィールドワークがつきものですが、あまりフィールドワークしたくないのが、このテーマの困ったところですね☆


さて、このようになにごとも順を追って考えていくと、自分なりの答えに近づいていきます。
ただ、上記のような仕事のやり方や、調べ方って一人で学ぶことは難しく、上司や先輩に教えてもらい、本などで学んでいき、身につけていくといったものです。
スマレジの使い方も同様に、なかなか一人や社内だけで取り組むには困難な場合もあります。
そういったわけで、8月にもまた弊社東京ショールームにおきまして「スマレジ スキルアップセミナー」を開催いたしますので、みなさまふるってご参加ください。


スマレジ スキルアップセミナー開催概要
・日時:2015年8月17日(金)14:20〜(受付開始14:00)
・会場:株式会社プラグラム 東京ショールーム  東京都渋谷区千駄ヶ谷3-16-3 メイゾン原宿6F
・定員:10名程度(先着順)
・参加費:無料
・対象業種:小売、アパレル
・応募方法:こちらの 参加フォーム から必要事項を記入の上、お申し込みください。


プログラム
・14:20〜14:30  ご挨拶・会社紹介
・14:30〜15:15  section1 スマレジの在庫管理の基礎(入荷、出荷、店舗間移動など)
・15:30〜16:00  section2 ユーザー事例紹介
・16:15〜17:00  section3 スマレジの在庫管理の応用(発注、棚卸、在庫管理集計など)
・17:15〜17:30  質疑応答
・17:30〜19:00  懇親会


誠に勝手ながら、より多くの企業様にご参加いただくため、お申し込み1件につき1名様の参加をお願いしております。複数での参加をご希望の場合は、それぞれ参加者ごとにお申し込みをお願いいたします。
また、本セミナーは人数制限を設けております。定員になり次第受付を締め切らせていただきますので、あわせてご了承ください。

※ 同業他社の方につきましては、恐れ入りますがご参加はご遠慮ください。


    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ