スマレジ・シミズBlog

モバイルPOSシステム「スマレジ」飲食向けOES「Waiter」のTIPS/裏技情報を営業チーム持ち回りで書いていました。
しかし、いまはとなっては大阪本社で働いているスマレジ・シミズが勝手に書いている非公式サイトです。

カテゴリ: Waiter

近畿タクシー株式会社の森崎清登社長のお話を伺ったので、そのことをまとめます。

■キャリアのスタートは、日本盛の宣伝部。その後、奥さんの実家の近畿タクシーに事業を継ぐために入社。

■技術革新:自動運転やシェアリングエコノミー、ライドシェア。面白い時代がきてますね。

■30年間経営をやってきて、いろいろ見えるようになったと言うよりも見つけてもらうようにしてきた。

■震災の後に生き残り、変わり種を始めて目立つようにした。ペッパーくんを日本で始めてタクシーに乗せた。
そしてそれを世の中に知らしめないといけない。他のロボットではダメ。IT企業は力を入れている。
ソフトバンクの孫さんはバスのことを考えている。孫さんに届けることを考えていた。
YAHOO!ニュースに取り上げられるようにした。YAHOO!はソフトバンク。少しでも掲載されれば
孫さん、もしくは孫さんの取り巻きに届く可能性がある。

神戸スイーツタクシー:商標を取っている。
日本交通が「スイーツタクシー」を使用させて欲しいと依頼。すぐに「どうぞどうぞ」と許諾。
そこでお金を取るよりも拡がりを選択。

■MKタクシーが自分の土俵を作って他がそこで負けている状況。
近畿タクシーは自分の土俵を作った。
タクシー会社は即時性、即地性。ただ、近畿タクシーは40台しかないので、呼ばれてもすぐにいけない。
前日に予約があれば行ける。予約に特化したタクシー会社。
商店街のポイントカードが着くので選ばれる。

■ロンドンタクシー
タクシーといえばセダン型でないといけないのか?規定をクリアすればどの車でもいい。
観光(ロンドンタクシー)と福祉(リフトタクシー)に力を入れる。

■事業承継
先代にとっての森崎さんのような人はいないだろう。いても5年ともたない。
もっと、前が開けて夢が語れる展開をしないといけない。そこで作ったのが神戸スイーツタクシー。
世の中に観光タクシーはたくさんあるが、近畿タクシーとは違う。
神戸といえばこれまで、六甲山、異人館など。
ただ、森崎さんはケーキ屋さんやパン屋さんといったお店を観光名所にした。他にはビーフ、夜景、ジャズ、かき氷、
神戸といえばの場所をタクシーで。50ほど作った。

■地域貢献型観光サービス型への移行。
タクシー業からの移行。
地域の賑わいを作るために。

■限定メニューを作ってもらった
誕生日用のプレートに「ようこそ神戸へ ○○様」。また、ショーケースの中の商品を組み合わせた。
特に新たに作る必要がない。


-------------------------------------
http://smaregi.jp/
レジのご用命はスマレジへ!
    このエントリーをはてなブックマークに追加

ただただベトナムのことばかり書き続けている当ブログですが、さすがのさすがに今日の今日こそは、今日も今日とてベトナムです。

前回ご紹介したベトナムのOESですが、どこの製品かなぁ?と調べていましたが、ヒントは思ったよりも近く自分の記事内にありました。なんかマッチポンプな感もありますが…。

さて、前回ご紹介した実際に日本食レストランで使っていたOESのUIがこれ。
IMG_8212


そして、以前の記事で取り上げたサービスのウェブサイトにあった画像がこれ。HOTTAB


よく似てるような気がします。でも、微妙に異なります。色も青と赤と異なりますしね。
どうなんでしょうね?その程度のUIカスタマイズは出来るのか、全く異なるメーカーによるものなのか。なにしろ情報が少なくて困ります。
(もちろんベトナム語が理解できるのであればすぐに解決するんでしょうけど)


-------------------------------------
http://smaregi.jp/
レジのご用命はスマレジへ!
    このエントリーをはてなブックマークに追加

これまではベトナムの決済回りのお話でしたが、OES(オーダーエントリーシステム)についても触れておきましょう。
もちろんベトナムにもOESは流通しています(どこまで普及しているかは不明)。 
 

あれ?これってOES?しかもタブレットですね。
IMG_8195
 

UIを見たいんですけど、反射してよく分かりません。
IMG_8194
 

近づいてもまだよく分からないですね。
IMG_8196
 

サービス名は分かりませんが、これはOESですね。ちなみに155Kとか105Kとありますが、価格です。ベトナム通貨のVND(ドン)は単位がとても大きいので、ゼロを3つ消して代わりにK(キロ)と表記しています。
IMG_8212


ちなみにこのOESですが、どこが開発したのかは分かりません。
日本人が経営する日本食レストランなので、日本製なのかベトナムの会社によるものなのか。はたまた東南アジアには距離が近いオーストラリアの企業も進出しているらしいのでオーストラリア資本の会社なのか。
調査が必要ですね。


-------------------------------------
http://smaregi.jp/
レジのご用命はスマレジへ!
    このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさまこんばんは、ハマベです。


早いものでもう3月も終盤ですね。3月が年度末という企業は多いと思いますので、皆様お忙しいのではないでしょうか。(ちなみに弊社は4月が年度末です)


今日はちょっとマジメに機能を紹介させてもらいます。


来月中頃(4月中旬)にスマレジ・ウェイターの管理画面のアップデートを予定してます。
ウェイターの管理画面のアップデートは実に約1年ぶり。。。お待たせしてしまって申し訳ございません!


その中で濱辺が思う、"これ欲しかった"的な機能を幾つかピックアップしてご紹介します!



①商品情報の"コピーして作成"機能



その名の通り、既に作った商品情報を"コピー"して作成できる機能です。

下の画像を見てください。
これはすでに登録している「ビールキリン一番搾り」の商品情報編集画面です。

ビール_キリン一番搾り_の編集




この画面の右上にある「この商品を複製して新規追加」を押すと・・・

新規商品登録

商品名以外の情報を引き継いで、新しく商品の登録をすることができます!
つまり後は商品名を入れるだけでOK。カスタムオーダーだって引き継いでくれちゃいます。


更にっ!!

実はこの機能・・・プラン商品をコピーした場合、プランに紐づく商品までコピーしてくれるんです!!!

飲み放題があるお店って、だいたい飲み放題に「グレード」がありますよね?
たとえば、「飲み放題 ¥1,500」「プレミアム飲み放題 ¥2,000」のような感じで。

グレードの違いはどこに現れるかというと、「時間」もそうかもしれませんが"飲み放題対象の商品の数"が変わってくるお店が多いのではないでしょうか。


例えば、

飲み放題 → 対象商品30品
プレミアム飲み放題 → 対象商品40品


の設定のお店があった場合、今までのスマレジ・ウェイターの飲み放題(プラン)商品登録機能だと合計70品目の商品を設定する必要がありました。


それがこのコピーして作成機能を使えば、すでに設定してある30品はコピーしてあるので差分の+10品だけを設定すればいいのです!!


合計数量でいえば、70品 対 40品。30の差は大きいですよね。時間にしておそらく30分は変わるではないでしょうか。

これで飲み放題のバリエーションを増やしても即座に対応できますね。



②カスタムオーダーの"一括設定機能"


スマレジ・ウェイターには標準機能として「カスタムオーダー」という機能があります。
カスタムオーダーってなんぞや?っていう方はサポートサイトを御覧ください。

この機能、「どの商品に、どのカスタムオーダーを適用させるか」を設定するのが結構面倒だったんです。上記のサポートサイトのリンク先でも説明しておりますが、1商品ずつ設定をしていかなければならず、焼酎とかが大量にあるような居酒屋さんでは設定するのに一苦労でした。


それが次のアップデートでは下記のようなボタンが増えます。

カスタムオーダーグループ一覧

このボタンを押すと・・・



カスタムオーダーグループ適用商品編集

こんな画面がでてきます。
この画面からカスタムオーダーを適用させたい商品を検索して、チェックを付けたあとに「選択された商品にカスタムオーダーを適用する」っていうボタンを押せば・・・

カスタムオーダーグループ適用商品編集 2


カスタムオーダーグループ適用商品編集_と_Dropbox


あっという間に設定完了です!なんて簡単なんでしょう。




この2つの新しい機能をつかえば、設定もちょちょいのちょいですね。
もちろん他にも新機能が増える予定ですので、アップデートのお知らせをお楽しみに。





    このエントリーをはてなブックマークに追加

ホワイトデーおわっちゃいましたね。
女性のみなさま、2倍、3倍と回収はできましたか?レバレッジは効きましたか?
男性のみなさま、倍返し、3倍返しはされましたか?さぞお給料日を楽しみにする日々でしょう。

ぼくはというと、ホワイトデー前後から今に至るまで、貯金、今月分の生活費ともに目立った動きはありませんでした。シミズです。


さて、メールやお電話など日々お問い合わせや、ショールームのご予約をいただく機会が多いのですが、ぼくたちが拠点をかまえる大阪、東京から遠方でビジネスを展開され、なかなか足を運んでいただくことも難しかったり、ショールームの予約がいっぱいでお越しいただけない場合も多く、申し訳ない気持ちを抱いています(ごめんなさい)。

今日のブログは、そういった貴方にご覧いただきたく、ショールームでの商談のやりとりの一端を書いていきますね。
(※数値や会社もしくは個人を特定できる情報は修正し、いくつかのケースを組み合わせております)


まずは、今回のスペックから
  • 現在、飲食店(居酒屋業態)を3店舗展開。
  • 近々、4店舗目をオープン予定。その後も出店していきたい。
  • 3店舗までは、オーナーご自身と創業からの信頼できる店長に任せることが出来たが、4店舗目となると、創業時の苦楽を共にしていないスタッフに任せることにもなるので、管理が必要と考えている。


シミズ(以下、「し」):こんにちは。本日は、弊社まで足を運んでいただき、ありがとうございます。それではまずは現在の状況ですとか、ご希望内容をお聞かせください。
お客さま(以下、「お」):
・まずは新店舗で導入し、使い勝手が良ければ既存店舗、更に今後の新店舗に導入していきたい。
・スタッフ全員POSレジを触ったこともなければ、パソコンを触ることも少ないので、簡単に使えるものがよい。
し:
・スマートフォンを使う感覚で、直感的に使用可能です。
・同様の状況のお客様も多いが、みなさん難なく使っていただいていますよ。
・事前のセットアップ / トレーニング(有料)もあるので、その際に徹底的に指導。分からないことはその場で解決しましょう。

オーダーはとっても簡単
オーダーはとっても簡単

オーダー伝票もわかりやすく
未来へと繋がるオーダー伝票

レジのわかりやすさよ
レジだってス~イスイ

お:
・自分自身(オーナー様)が、同時に全ての店舗を見れるわけではないので、簡単に売上チェックできるシステムが欲しい。

し:
・インターネットさえ繋がれば、どこからでも現在のテーブル状況がわかります。どのテーブルに何時に何名、どんな属性のお客様が来店され、どれだけの時間滞在され、どんなオーダーをしているか可視化できますよ。
・同様に売上もリアルタイムで把握可能です。各店毎、または全店舗での売上動向、商品別の売上動向をチェックするなんてことも可能です。

どこからでもテーブル状況がスイスイわかります
外からでもバッチリ

売上の状況も一目瞭然
りある!

お:
・新店舗は1階と2階があり、レシートプリンターの構成は以下にしたいが、可能か?
・1階キッチンプリンター: 1階、2階のテーブルのフード
・1階ドリンクプリンター: 1階のテーブルの全てのドリンク、2階のテーブルのカクテル以外のドリンク
・2階ドリンクプリンター: 2階のカクテルのみ。その他は、1階の各プリンターから。
し:
・可能です。
 (※詳しくは、コチラをご覧ください)

これが設定画面です。使い方はもちろんレクチャーしますね。
プリンタグループけっせい

お:
・リアルタイムでの売上チェックできるのは分かったが、メニュー別や曜日別など、詳細な売上分析はできるのか?
し:
・日別売上 / 時間帯別売上 / 曜日別売上 / 部門別売上 / 商品別売上 /客層別売上 / 販売員別売上 / グループコード別売上(※グループコードの詳細はコチラ) を期間指定した上で閲覧することが可能です。
・また全てのデータをダウンロードすることも可能です。

日別だって
日別だって


時間帯や曜日別だって
じかんたいだって


担当者や客層別だって(もちろん商品別や部門別も)
担当者べつや客層べつも

お:
・初期費用と月額費用を知りたい。
し:
・あくまで目安ですが、以下をご参照ください。
(※お越しいただきました際には、お伺いした内容を基にその場で見積書をお渡しいたします。)
 
もちろん適正価格ですよ
お:
・お願いしてどれ位の期間で導入できるのか?
し:
・お渡ししますお申込書にご記入いただき、初期費用(機器類やセットアップ / トレーニング)の費用のご入金確認次第、機器の手配を行います。ご入金からおよそ1週間程度でお手元にお届けいたします。
(※上記期間はあくまでも目安です。時期や在庫状況により期間は異なりますので、お急ぎの場合は必ずお問い合わせください。)
・メニューリストをエクセルでご用意いただけましたら、あとはスマレジ導入店舗にお伺いし、セットアップ / トレーニングの日時を決定します。メニューリストのご準備は早い会社(店舗)様で1週間程度、およそ2~3週間程度が平均です。
お:
・ありがとう。ぜひお願いします。
し:
・ありがとうございます。それでは、今後ともお願いいたします。



簡単にご説明させていただきましたが、本当は店内のレイアウトや、オペレーションといった詳細情報を確認した後、最適なソリューションを提案いたします。

それではぜひ大阪展示スペース、東京ショールームでお会いしましょう。
みなさまのお越しをお待ちしております。

おいでませ
おいでませ
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ