ベトナムの小売り売上高が堅調に伸びており、外資がどんどん参入しているなんてニュースがありますが、ベトナムの商都ホーチミンに焦点を合わせた話かな、と思います。

転じて首都ハノイは個人店が多く、大きな資本はまだまだ参入していないようです。ハノイ郊外にイオンが出店していますが、ほんとそれ位では?といった趣きですね。
外資企業にとっては、物事を進めることが難しい局面がなかなか多く、ハノイはやはり首都ですし、そういった面が色濃いようです。逆にホーチミンは首都から遠く離れ、地方政府が力を持っているので、どんどん海外からも企業を誘致し、発展しているようで見比べると街の雰囲気は結構異なります。

ただ、その分ハノイのポテンシャルは高く、日本も含め多くの外資系の製造業、小売業なんかが進出の機会を窺っているようですね。
そうなるとタブレットPOSとかOESの需要も増えそうですよね。


-------------------------------------
http://smaregi.jp/
レジのご用命はスマレジへ!