スマレジ・シミズBlog

モバイルPOSシステム「スマレジ」飲食向けOES「Waiter」のTIPS/裏技情報を営業チーム持ち回りで書いていました。
しかし、いまはとなっては大阪本社で働いているスマレジ・シミズが勝手に書いている非公式サイトです。

情報が少ないですよね。
日本のBtoB領域におけるマーケティングとかブランドを研究されてる余田拓郎教授(慶応義塾大学大学院経営管理研究科)もその著書の中で下記の通り述べられています。


企業経営においてブランドの重要性が指摘されるようになって久しいが、積極的に展開する企業は消費財関連の企業であり、BtoB領域では、ブランドやそのコミュニケーションに関心を持つ企業は少数派である。(『Btob事業のための成分ブランディング』、中央経済社)


P・F・ドラッカーは、The Practice of manaement(『新訳 現代の経営』上田惇生訳,ダイヤモンド社)の中で、企業の成長に欠かせないのは「イノベーション」と「マーケティング」だと指摘した。すでに50年以上も前の著作になるが、日本のBtoB企業についていえば、ほとんどが「イノベーション」に注力するものの、「マーケティング」は蚊帳の外に置かれている。(『BtoBマーケティング』、東洋経済新報社)


これまで法人間(BtoB)の取引では、属人的な営業力に頼る傾向が強く、組織的なマーケティングが浸透してこなかった。ところが、既存の得意先との人的つながりに安住していては、市場全体のニーズの変化に取り残されてしまう状況が生まれている。また、顧客企業も市場の変化に合わせて、購買対象商品の品質や価格をより精密に吟味するようになり、購買意思決定のプロセスもより複雑になってきている。(『実践 BtoBマーケティング』、東洋経済新報社)


それぞれ3冊の全て序文からの抜粋ですが、いずれにしても日本のBtoB企業でマーケティングが浸透していないという危機感がひしひしと感じられます。ひしひし。


-------------------------------------
http://smaregi.jp/
レジのご用命はスマレジへ! 
    このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

このページのトップヘ