皆様こんにちは!スマレジ販売員のスギモトです。

そうです!棚卸し以来、1年ぶりの登場です。
今回はスマレジを使用した際のクレジット決済に関してお話しします。
 

いざ、POSレジを導入しよう!となった場合に考えなくてはならないのが、
クレジット決済!現金のみの取り扱いで、いーやと考えている方!
それだと、販売機会を減らしちゃうことになりますよーー!

大きく分けて二つ!!

①すでにお店にあるCAT端末(Credit Authorization Terminal)を使う

CAT端末(Credit Authorization Terminal)と呼ばれる
カード決済専用端末を使って決済を行います。

cat04_01
※株式会社ゼウス「VEGA5000」
 

②スマレジ連動(連携)型決済を使う

iPadやiPhoneのイヤホンジャックに小型のカード読み取り機を差して
カード決済を行うタイプです。

ブログ1



現在お店をやられてる方は①の別端末がすでにある方がおおいのではないでしょーか?

そんな場合にもご安心を!スマレジはそんな場合でも使えるんです。

今回は①の場合の別端末がある時のスマレジの操作方法をご紹介します。

【①すでにお店にあるCAT端末(Credit Authorization Terminal)を使う】

1 商品をカートインする

IMG_1583
 

2 クレジット決済する金額をスマレジのクレジットを押して入力する

IMG_1585

※ここでクレジット端末で必ずクレジット決済を行って下さいね!!

3 クレジット端末で決済が完了した事を確認をして、チェックアウトを押してお会計終了です

 IMG_1587

クレジット決済は別端末で行ってスマレジでは、

「クレジット端末(別端末)で◯◯円、クレジット決済しましたよ」

いった形で売り上げ登録をします!

っていうことは、クレジット端末等があらかじめ指定されてる、
あのショッピングセンターや、あの百貨店でもスマレジは使えるんです!

もちろん、点検レシートや精算レシートにもクレジット金額がでますよ。

また、日次の締め処理を行う事で当日のクレジット決済金額が日報としてすぐに確認可能!


ブログ3


じゃあスマレジ連動(連携)型は別端末を使うのと何が違うの?
何がメリットなの?デメリットなの?

そうですよね、そうなっちゃいますよね。

次回はスマレジ連動(連携)型クレジット決済について、ご紹介しますのでご期待を!!

スマレジペイメント?楽天スマートペイ?ペイメントマイスター?コイニー?
一体どれを選べばいいのやら…


     creditcard_sumareji           creditcard_rakuten 


creditcard_paymentmeister    coiney


実際の現場での使用者の声をたくさん聞いている私が個人的に考えるメリット、
デメリットをお話しします!

次回のスギモトのブログアップ予定は12月26日(金)!!
 
そんなの待ってられないよ!もうお店オープンしちゃうよという方、
是非スマレジショールームにお越しください!

ではでは、次回をお楽しみに!